荒木ユウのよっしゃいけるブログ。

美容師荒木ユウによるツヤ髪や美肌になれる情報をお届けします。

止めを刺す

f:id:ark_0224:20200530214329j:image

 

 

後悔しないためにも仕事には念を入れ止めを刺したい

 

武士というものは昔は止めを刺すのに厳しい心得と作法がありました。

 

だから武士というものは心をゆるめて止めを刺すことを怠ることに大きな恥を感じていたのです。

 

そのため武士は日常茶飯事から一つ一つの所作や挨拶など厳しく躾られていました。

 

このようなことから普段の仕事ぶりについて考えられることがあります。

 

しっかりと99%の仕事をした所で残りの1%の止めをしっかりと刺されていなかったらきちんと仕事をしたかと言えるのであろうか。

 

そういった止めを刺していない仕事というものを振り返るともう少し念を入れて置いたらとか、もう少し心配りをしていたらとか公開する事が多いのであります。

 

後悔しないためにも仕事の最後の締めるところはきちんと締める習慣をつけてきっちりと止めを刺すということを忘れずにいたいですね。

 

まとめ

 

昔の武士が恥じたように止めを刺さない仕事ぶりを、大いに恥とするような厳しい心がけを持ちたいものです。

 


f:id:ark_0224:20200530214333j:image