荒木ユウのよっしゃいけるブログ。

美容師荒木ユウによるツヤ髪や美肌になれる情報をお届けします。

規則と自由

f:id:ark_0224:20200606215743j:image

 

 

必要以上の規則で律してしまった、各自の持ち味をのひのびと発揮できない

 

もし店長や社長が社内規則をガチガチに固めてしまい社員の活動を律しようとしたならばそれがたとえ社員のためという理由であれ社員は規則に縛られてのびのびと仕事はしにくいです。

 

それではせっかくの各々の個性があったとしても上手く活かせることは難しいでしょう。

 

そうすれば仕事で成果を出すこともなくなり仕事をする事さえも窮屈に感じてしまうだろう。

 

会社としての経営方針は明確にあった方がいいが規則はガチガチに固めるよりも各人の責任において自由にやってもらうというやり方がいいのではないでしょうか?

 

そうすれば社員ものびのびと自分の個性や持ち味を発揮めき仕事に対しても喜びを感じながら創意工夫をして働くと思います。

 

結果人が働きたくなる職場となり会社の成長にも繋がることとなります。

 

まとめ

 

会社でのルールや規則は必要でありそれを徹底する事がとても大切だが必要以上に規則で律してしまっては各人の個性や可能性を潰してしまい働きたくなくなる会社となります。

 

バランスよく自由に責任をもたせられる範囲でルールを作るといいです。


f:id:ark_0224:20200606215746j:image